糖尿病のコントロールは手間がかかる。菊芋のサプリメントはその手間を・・・

糖尿病で辛い思いをするのは実は当の本人だけではないことを知っていますか?誰かが病気をすれば、家族にどうしても心配をかけてしまうし、負担もかけてしまいます。

特に、糖尿病治療の中心となる食事に関しては家族にも影響が大きいです。

ほとんどの糖尿病の人は家族と一緒に食事を取りますが、家族は食材選びや調理法、献立などを工夫も毎日する必要がでてきます。

実際、糖尿病の人の家族は、食事の指導を受けることがらいますが、そのポイントとなるのがカロリー制限と栄養バランスです。

ただ、その指導は管理栄養士の人に任せることが多いようですね。

糖尿病食を作っている複数の家族の話では、栄養士さんの指導というのは、「知識の説明が多くて、難しい」と感じてしまったり、「そんな大変な事、自分にできるのだろうか」と不安になったりする事も多いようです。

糖尿病食を作る家族の多くは、最初に日本糖尿病学会が作成した「食品交換表」に則った食事指導を教えられるますが、食事療法として推奨されるカロリー計算は手間もかかり、面倒なものです。

ですが、糖尿病をコントロールしていくためには、この手間のかかる面倒な食事制限を糖尿病の人本人がする家族がこつこつと続けていく必要があります。

菊芋のサプリメントはそんな状況を少しは改善してくれる可能性があるサプリメントです。水溶性の食物繊維が食事で摂った糖質、脂質の吸収を抑制して、血糖値の急激な上昇を抑えてくれますから。

ただ、菊芋サプリメントは治療薬ではないので、食事制限から完全に解放されるか?と言われれば、その答えはNOになります。

ですが、血糖値の急激な上昇を抑制するということ自体が糖尿病をコントロールしていく上で非常に重要な事を考えれば、試す価値が十分にあるのが菊芋のサプリメントと言えますよ。

菊芋のサプリメントの口コミを見て思う事。

菊芋のサプリメントを見ていて思う事があるんですが、やっぱり時々全く効果がなかった、血糖値も下がらないし、むしろ上がってしまった、という人がいます。

菊芋のサプリメントは糖尿病の治療薬ではなくて、栄養補助食品なので、絶対に効果があると約束できるものではありませんが、それでも一定の有効性が認められている食品であることを考えると、全く効果がなかったという人の口コミには少し疑問が生じてしまいます。

思うに、菊芋のサプリメント以外のところで、血糖値が上がってしまう要因があったのではないかと思います。少し甘いものを食べすぎたとか、ちょっとお酒を飲んでしまった、ひょっとしたら風邪気味でそもそもの体調が悪かったなどが考えられます。

また、サプリメント全般に言えることですが、ある程度は継続していかないとその栄養効果は実感ができない場合がよくあります。

菊芋サプリメントの場合は、水溶性の食物繊維であるイヌリンが腸内に届いた時点で徐々に効果を発揮するので、まだ実感できるまでの期間は短いと言えますが、それでも2ヶ月ぐらいは見ておいた方が良いのでは?と思います。

もちろん、これはあくまでも目安であるので、人によっては3ヶ月かも知れないし、逆に1ヶ月で実感ができる場合もあると考えられます。